<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ときどき木の芽039−ミツマタ

ミツマタ 3月頃に花を開くミツマタの芽(つぼみ)がもうこんなに大きくなっていた。暖かい時期にふくらんでしまったのだろう。これから来るはずの寒い冬をこれで乗り切れるのだろうか。
 ミツマタの花
2006.12.31 Sunday * comments(7) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽038−ムシカリ

ムシカリ(オオカメノキ) ムシカリは,オオカメノキとも呼ばれ,山地に生える落葉低木です。春に枝先から散房花序を出し,小さな両性花と周辺には直径 3 センチほどの白く大きな装飾花を付けます。
 ほとんどの葉を落としてしまった今は,何かを拝んでいるようなすこし大きめの芽がありました。中心の丸いものは,来春に咲く花の芽です。
2006.10.25 Wednesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽037−ウメ

ウメ 早春に葉に先駆けて咲くウメの花は,香りもよく,たくさんの人に見られるが,葉が開くのは何時と聞かれても答えられない。桜のように花が終わるとすぐに葉が展開しはじめるのではないからかもしれない。
 花はもう落ちているのに葉芽の方はまだ細く固い。サクラだ,ツツジだと言っているうちに開くのだろう。
2006.04.20 Thursday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽036−ニシキギ

ニシキギ 秋になると真っ赤で小さな実をたくさん付けます。新芽も実にはかないませんが赤く色づいています。茎には,コルク質の翼が発達するのですが,この枝は新しいのかまだわずかです。
 目立たない花の画像
 紅葉とともに熟す実
 この木が大好きなキバラヘリカメムシ
2006.04.18 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽035−マンサク

マンサク もう花も終わったというのに葉になる芽はこの通りまだまだ小さい。はがれかけているのは,芽鱗という冬芽を守るコートのようなものです。コートを脱ぎはじめたと言うことは,この芽もまもなく大きくなってくるでしょう。
 花の画像
2006.04.17 Monday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽034−タラノキ

タラノキ 落葉性の低木で,葉を広げている夏にはこれといって注目されることは少ない。幹には鋭いトゲが生えているので,さわらないように気をつけるぐらいだ。
 ところが,春の芽吹きの時期には山菜として珍重される。1番目の芽を取られ,2番目の芽を取られ,3番目の芽になってようやく葉を広げることができた木を時々見かける。それでもまだいい方で,枝ごと切られたり,とうとう芽を伸ばせずに枝が枯れてしまうこともある。春の珍味として食べてもいいが,取り過ぎはいけない。
2006.04.16 Sunday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽033−ヤマブキ

ヤマブキ サクラに遅れて咲き始めるヤマブキが,今は,葉を展開しはじめるころです。早いものはもう葉を数枚開いていましたが,枝の先の芽ほど遅い感じでした。
 この芽の中からあの大きい花が育つと思うと何か不思議な感じがします。
2006.04.11 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽032−イチョウ

イチョウ 古い時代から日本に生えていたイチョウ。春の芽がふくらんで展開するにはまだ遠そうです。
2006.04.04 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽031−カツラ

カツラ 中部地方以北の渓流沿いなどになどに湿り気のあるところ自生しますが,公園などにもよく植えられています。花が展開する前に開く春の赤い雄花と,秋の黄葉がきれいです。
 画像では,芽の間から昨年のやや反り返った実が残っています。雌雄異株なので,こちらが雌木です。
2006.04.02 Sunday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

ときどき木の芽030−リョウブ

リョウブ 日本では,北海道南部から九州までほとんどの地域で見られます。樹皮がはがれやすく,ナツツバキやサルスベリに似て,木肌がまだら模様になります。
 春には新芽をつんで炊き込み御飯にする地方もあるようですが,おいしいとは言えないみたいです。葉が展開したときの新緑を楽しみましょう。
 花のページ
2006.03.30 Thursday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ
このページの先頭へ