<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今日見た花655−ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ
 暑い天気でした。いつまで続くのだろう残暑は。
 ママコノシリヌグイが近くに咲いていました。触ると痛い刺で嫌われているようです。
続きを読む >>
2012.09.15 Saturday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日見た花654−アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ 河原に近い草むらにはアレチヌスビトハギが咲いていました。大きな花を付けるマメ科の植物です。だんだん見られる場所が増えてきた帰化植物です。

今日の実や種213−アレチヌスビトハギ
2012.09.08 Saturday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日見た花653−ビランジ

ビランジ
 暑い日でした。急な斜面を登らなければならなかったので、汗びっしょりになりました。こわい思いはしましたが、ビランジの花に出会えてよかったです。残念なことに、イワギボウシには早かったので、近くで花を開いている株がありませんでした。
 草本は、ビランジ、イワギボウシ、クルマバハグマ、オクモミジハグマ、ミヤマウズラなど。
続きを読む >>
2012.09.08 Saturday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日の虫496−コトラガ2

コトラガ コトラガの成虫です。前翅外よりの大きい白斑が2個で、よく似たトラガと違って後翅先端に白斑がありません。成虫は春の終わりから夏の初めに見られます。この画像も7月はじめに撮ったものです。

今日の虫493−コトラガ
2012.09.05 Wednesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日の実や種271−フウリンウメモドキ

フウリンウメモドキ
 フウリンウメモドキは、東北地方南部以南の本州・四国・九州に分布する落葉低木です。ウメモドキによく似た葉を付けますが、ウメモドキと違って、花序に長い柄があります。実は、秋に赤く熟して垂れ下がります。
2012.09.02 Sunday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日の虫495−ウスバカミキリ

ウスバカミキリ
 ウスバカミキリは、日本産のカミキリムシの中では最大種で、体長が30〜58mmぐらいになります。体色は暗褐色、又は赤みがかった茶色で、大顎は頭部下方ではなく、前方を向くのが特徴です。気性が荒く、つかもうとするとあごを振りかざして威嚇してきます。
 名前は、翅の厚みが薄く、透けたように見えるので付けられたようです。
2012.08.29 Wednesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

今日見た花652−ナンバンハコベ

ナンバンハコベ
 暑い日が続いています。汗が流れるので、首に巻いているタオルが毎日重くなって大変です。
 草本は、ナンバンハコベ、ママコノシリヌグイ、ミツモトソウ、ツリフネソウ、キツリフネ、シデシャジン、ナベナ、クズ、ネナシカズラ、カラスビシャク、スズメウリなど。ナンバンハコベは、一度見たら忘れられない花の形ですね。
 
続きを読む >>
2012.08.26 Sunday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

大峠の花026−シラネアザミ

シラネアザミ アザミのようで、アザミではない花、シラネアザミも咲いていました。細いアザミのような花ですが、アザミにある刺がありません。

 シラネアザミは、福島、栃木、群馬、長野県などの亜高山帯から高山帯の日当たりの良い草原や林縁に見られる多年草です。下部の葉は長い柄があり、長さ15cmぐらいの卵形〜長楕円形での葉を付けます。アザミに似た紅紫色の頭花を散房状に付けます。花柄のない変種をクロトウヒレンといいます。

日光国立公園・大峠に行ったときの特集です。(2012/8/19撮影)
2012.08.25 Saturday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

大峠の花025−ヒトツバヨモギ

ヒトツバヨモギ
 ヒトツバヨモギは、温帯上部から寒帯に分布する多年草で、主に日本海側に見られます。1mぐらいに成長し、やや風当たりの弱い尾根筋、林縁、山道のそばなどで見られます。名前のように、切れ込みのない荒い鋸歯のある葉を付けます。葉の裏側が真っ白なところはヨモギによく似ています。

日光国立公園・大峠に行ったときの特集です。(2012/8/19撮影)
2012.08.23 Thursday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

大峠の花024−エゾシオガマ

エゾシオガマ
 少ないながらも薄黄色のエゾシオガマが咲いていました。トモエシオガマに似ていますが、こちらは紅紫色なので色で見分けられます。

蔵王の花003−エゾシオガマ

日光国立公園・大峠に行ったときの特集です。(2012/8/19撮影)
2012.08.21 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ
このページの先頭へ