<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 517−ヒメイチゲ | main | 034−カヤ >>

ときどき木の芽047−チドリノキ

チドリノキ 冬芽がふくらんで割れ,守られていた葉や花が出てこようとしているところです。紫紅色の冬芽がよく目立つときでもあります。赤い鱗片葉はしばらく付いていて,花と見間違われることがあります。

チドリノキの花 チドリノキの実
2009.04.23 Thursday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

こんばんは。

いつもご指導ありがとうございます。

チドリノキ、はじめてみました。
花も、実も・・・そこまで行って名前に納得です。
カエデとは思いませんね、普通の人間は(笑い)。
Comment by nakamura @ 2009/04/23 10:32 PM
 こんばんは。
 観察会で,「カエデの葉は,手のひらのような形ばかりではない。」という説明によく使われます。といっても,この木が見つけられたときだけですが。シデやカバノキの仲間は葉が互生なので,その点に注意すると意外と見つけるのは簡単です。
Comment by kuwachan @ 2009/04/23 10:40 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ