<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 171−トウゴクサバノオ | main | 447−ヒメフタバラン >>

ときどき木の芽044−ウリハダカエデ

ウリハダカエデ ウリハダカエデは,カエデ科の落葉高木です。木の肌がウリに似ていることから名前がつけられました。硬かった芽が大きくなり,葉がのぞいてきました。
2008.04.28 Monday * comments(3) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

こんばんは。

品の良い絵ですね・・・。
なるほど、木肌に特徴があるようです。

なお、トウゴクサバノオ、花も実も、さすが野草!という感じです(笑い)。
Comment by nakamura @ 2008/04/29 7:06 PM
我が家の枯れていたと思っていた、木にも芽がたくさん出てきました
Comment by 小池 @ 2008/04/29 7:23 PM
 こんばんは。
 ウリハダカエデは葉はウリに似ていないのですが,葉がウリに似ているというウリカエデという名前の紛らわしい種類もあります。そのうちアップできるかもしれませんので,お待ちください。
 枯れたように見える木も目覚めが遅いだけかもしれません。夏まで待って芽が伸びなければあきらめましょう。
Comment by kuwachan @ 2008/04/29 9:24 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ