<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 326−セミヤドリガ | main | 003−ツチカブリ >>

今日見た花389−ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス 今日は少し前の予報だと雨だったのですが,暑い日でした。日差しの強い1日で,夜は一時的に強い雨が降りました。
 木本は,コウヤボウキ,アジサイ,タマアジサイ,サルスベリ,アベリアなど。
 草本は,ヤマジノホトトギス,ヒメヤブラン,ミヤマウズラ,フシグロセンノウ,ミズヒキ,キンミズヒキなど。
 ヤマジノホトトギスは,北海道から九州に分布する多年草です。草原や谷筋の樹林下などで見られることが多いようです。全体に毛が多い印象があります。花は葉腋に1〜数個咲きます。花被片は水平に開き,3枚の外花被片は内花被片に比べて幅が広く,紫色の斑紋が点在します。雌しべの柱頭は大きく3つに分かれ,さらに先端は2つに分かれて,縁には透明な球状の突起があります。また,おしべは6本あり,3本はめしべの柱頭の下に,残りの3本はその間にあります。
 複雑な花を言葉で説明するのはなかなか難しいです。
2007.08.20 Monday * comments(3) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

この花を山道で初めて見たときは驚きました。玄妙な形ですよね,,なんでこんなこった形になってしまったのか、考え込んでしまいます。
Comment by シュレーゲル @ 2007/08/21 10:49 PM
 こんばんは。
 本当ですね。トケイソウにも驚きますが,おなじ趣を感じさせる花です。
Comment by kuwachan @ 2007/08/25 12:35 AM
そうそう、学生の頃庭に突然咲いたトケイソウにも驚きました。花も面白いですね。
Comment by シュレーゲル @ 2007/08/26 9:00 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ