<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 020−ミズナラ | main | 311−ヤマサナエ >>

今日見た花366−ヤマルリソウ

ヤマルリソウ 今日は何か蒸し暑い感じの日でした。予報では,午後に雷雨とありましたが,同じ予報の昨日は雷雨がありませんでしたので,今日もないに違いないと思っていましたが,ものすごい豪雨になってしまいました。大粒の雹も降り,場所によっては数僂弔發蠅泙靴拭こんなのは初めてす。
 木本は,ウツギ,コゴメウツギ,ミツバウツギ,ノイバラ,ミズキ,ヤマボウシ,スイカズラ,ナワシロイチゴ,エゴノキなど。
 草本は,ヤマルリソウ,キショウブ,ヘビイチゴ,ヤブヘビイチゴ,トキワハゼ,ハルジオン,ヒメジョオンなど。
 ヤマルリソウは,落葉樹林の林縁や道端などの適度に湿った場所に生育する多年草です。葉は両面に白い毛が目立ちます。茎は斜めに伸びて,直径1cmぐらいの淡い紫色から淡い紅色の花を次々と付けます。株によって花色は違うのですが,咲き始めと終わるころでも色が違い,趣があります。
 名前は,瑠璃色の花を付けることから来たようです。
2007.06.07 Thursday * comments(5) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

おはようございます。

ずいぶん小さな花のように思います。
私のようなものですと、つい見逃し
てしまうでしょう。

>落葉樹林の林縁や道端などの適度に湿った場所に生育..

機会がありましたら注意してみてみたい。
でも越後も分布域でしょうかねぇ。
Comment by 地理佐渡.. @ 2007/06/08 6:38 AM
カ、カワイイです、、
Comment by シュレーゲル @ 2007/06/08 9:09 PM
こんばんは。

これはまた、かわいい花です。
名前もそうですが、一度見てみたいものです。
Comment by nakamura @ 2007/06/09 12:04 AM
 ヤマルリソウは,キュウリグサやワスレナグサと同じムラサキ科です。1つ1つの花は,ワスレナグサよりもすこし大きいのですが,こちらの方がまばらですね。一応,本州・四国・九州に分布なのでみなさんの住んでいるところでも見られるところがあると思います。
 太陽の直接当たるようなところにはあまり生えていないので,ちょっとでも風があるとなかなかぶれを押さえることができません。極薄の被写界深度をどうするかが問題ですね。
Comment by kuwachan @ 2007/06/09 8:24 AM
可愛らしいですね〜色も綺麗で・・・♪

こちらでは自然教育園へ出かけ一度だけ見たことがあります。
でも残念ながらしなびかけてました。。。。

綺麗に撮影してみたいものです。
Comment by メロン @ 2007/06/10 9:51 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ