<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 010−トウカエデ | main | 011−イロハモミジ2 >>

今日の実や種119−サルトリイバラ

サルトリイバラ つる性の低木で,茎にはまばらにトゲがあります。茎には,たく葉の変化した巻きひげがあり,周りの樹木などにからみついて伸びていきます。花は,緑色で目立たないのですが,実は真っ赤に染まりとても目立ちます。
 名前は,猿もからまってしまいそうなトゲのあるつると言う意味です。西日本地方ではサルトリイバラの葉に餅や菓子を包む風習があり,柏の葉の代わりに使われていたようです。
2006.12.06 Wednesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

こんばんは。
そういえば、サルトリイバラの赤い実が目に付いていましたが、あっという間になくなっております。こちら今年は、もう無理のようです(笑い)。
Comment by nakamura @ 2006/12/06 11:11 PM
 おはようございます。
 これも霜が降りる前の画像です。今は葉を落として茎だけになっているだろうと思います。寒かったり忙しかったりして,撮影があまりできません。
Comment by kuwachan @ 2006/12/07 6:55 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ