<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 026−シラネアザミ | main | 495−ウスバカミキリ >>

今日見た花652−ナンバンハコベ

ナンバンハコベ
 暑い日が続いています。汗が流れるので、首に巻いているタオルが毎日重くなって大変です。
 草本は、ナンバンハコベ、ママコノシリヌグイ、ミツモトソウ、ツリフネソウ、キツリフネ、シデシャジン、ナベナ、クズ、ネナシカズラ、カラスビシャク、スズメウリなど。ナンバンハコベは、一度見たら忘れられない花の形ですね。
 
 ナンバンハコベは、山野に生える多年草です。卵形の葉を対生した茎は細くてつる状にのび、多くの枝を出して樹木などに絡みつきます。6月から10月ごろ、半球形にふくらんだ萼の中から白くて細長い花弁が伸びる花を付けます。花の後、萼は反り返り、黒い実を付けます。
 ナンバンと名前がついていますが、花のかたちが外国風という意味で、在来種です。
2012.08.26 Sunday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

こんばんは。

ナンバンが付くだけあって、代わった花ですね。
これで在来種、これもまたおかし、秋の風・・・。
Comment by nakamura @ 2012/09/30 5:49 PM
 こんばんは。
 私も本物を見るのは初めてでした。大きな群落なので、最近になって生えてきたというのではなさそうです。何度も訪れているところなのに、今まで気がつかなかったのは何でなのだろうと考えてしまいました。
Comment by kuwachan @ 2012/09/30 8:14 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ