<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 025−ウスタケ | main | 481−キエリフタモンカスミカメ >>

たまに虫コブ028−ナラメイガフシ

ナラメイガフシ ナラメイガフシは、ナライガタマバチがコナラなどに産卵し、幼虫が寄生することで出来る虫こぶです。夏の頃は青く、冬が近づくにつれ褐色化してくるようですので、後で確認に行きたいと思っています。
 寄主のナライガタマバチは、1年交代で単性世代と両性世代になるとされていて、単性世代がコナラなどの芽に両性世代の卵を産み、両性世代の卵から育った両性世代がコナラなどの葉に単性世代の卵を産むらしい。

 たまに虫コブ013−ナラメリンゴフシ

 今日の実や種181−ミズナラ
2011.09.13 Tuesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

おはようございます。

フシには見えませんね。花か実か、そんな感じです。
不思議なものです。
Comment by nakamura @ 2011/09/19 7:46 AM
 こんばんは。
 確かに実に見えますが、割っても中に種子はありません。いっしょにいた人も、実だと思っていたようです。ミズナラの実は、標準的なドングリなので、別の枝のドングリを見せて説明しました。
Comment by kuwachan @ 2011/09/20 12:08 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ