<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 480−シラホシヒメスカシバ | main | 631−ミヤマダイモンジソウ >>

たまにキノコ024−クチベニタケ

クチベニタケ クチベニタケは、夏から秋にかけて山の中の崖地などに発生する直径1儖焚爾両型のきのこです。本体の色は灰褐色で、頂部には星形の鮮紅色の口があり、熟すとこの部分から胞子を出します。日本では珍しくないのに世界的には珍種だそうです。小さな口から胞子を吹き出すところは、ホコリタケやツチグリと似ていますね。
 名前は、頂部にある口の色から付けられたようです。

たまにキノコ001−ツチグリ
2011.09.09 Friday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

おはようございます。

これがキノコですか?
何かの実のように見えます。もちろん食べられないのでしょうね(笑い)。
Comment by nakamura @ 2011/09/12 7:31 AM
 こんばんは。
 雰囲気としては、小さなたまごボーロという感じです。食べ物にたとえていますが、残念ながら食べられないようです。

 サーバーの移動に手間がかかってしまって、この時期としては更新の間を開けてしまいました。でも、容量が大きくなったので画像の量を気にする必要がなくなりました。
 
Comment by kuwachan @ 2011/09/12 11:25 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ