<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 238−ヤシャビシャク | main | 468−リンゴドクガ >>

たまにキノコ022−ツキヨタケ

ツキヨタケ ツキヨタケは,秋にブナの枯れ木上に重なるように群生するキノコです。中毒の半数はこのキノコによるものと言われるほどの毒キノコです。野生のシイタケに色も形もそっくりですが,採ってからあまり時間がたたないうちであれば,暗闇の中でひだが青白く光るそうです。ほかの特徴は,茎がごく短く,ひだが白色,ひだとの境に隆起したリング状のつばがあり,縦に裂くと黒紫色のしみがあるところです。
 キノコは,不安だったら食べないのが一番です。
2010.11.03 Wednesday * comments(4) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

こんばんは。

ツキヨダケ。とにかく現物は椎茸と
見間違えるほどのキノコらしい姿を
していますよね。
当方はだいたい見分けがつきますが、
ものによってはムキタケとこれとの
判別に心配する時があります。
そんな時は一応石づき部分を裂いて
みています。後は色合いや雰囲気で
しょうかね。
本文で述べられていますように、
確信の持てぬものには決して手を
出さぬ。これが一番ですよね。
Comment by 地理佐渡.. @ 2010/11/05 9:51 PM
 おはようございます。
 ツキヨタケの話をしたら,母が昔食べてたいへんだった話をしていました。意外とワイルドな生活をしていたようで驚きました。
Comment by kuwachan @ 2010/11/06 8:17 AM
こんばんは。
「月夜茸」・・夜の林の中で青白く光るとか?*^^*
俳句の季語にありますので、どんな幻想的なものかと思っていましたが。意外に普通ですね・・(笑)
Comment by 空見 @ 2010/11/07 9:16 PM
 こんばんは。
 夜に生えている木を見るとキノコが光っているそうです。私としては,そのような場所に,夜たたずんでいる場面を想像したくないです。昔の人は平気だったのでしょうか。それとも,里山に普通に生えているキノコだったのかもしれませんね。
Comment by kuwachan @ 2010/11/07 9:54 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ