<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 013−オオバツツジ | main | 014−シナノキンバイ >>

蔵王の花001−コマクサ

コマクサ コマクサは,花崗岩質の高山帯の砂礫地に生える小型の多年草です。葉は全て根生し,粉白色を帯び,細かく裂けます。
10cm前後の花茎の先に,淡紅色の花が1〜7個程度つきます。花弁は外側と内側に2個ずつ4つあります。外側の花弁は下部が大きくふくらんで,先が反り返り,内側の花弁はやや小さく,中央がくびれ,上端は合着しています。
 名前は,つぼみを横から見ると馬の横顔のように見えることから付けられたようです。
 霧と強い風の中,終盤を迎えていたコマクサですが,どうにか撮影できました。霧が付けてくれた水滴が,高山植物の女王と呼ばれるコマクサをさらに高貴な感じに仕上げてくれました。

 蔵王国定公園に行ったときの特集です。(2010/7/31撮影)
2010.07.31 Saturday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ