<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

早池峰山の花029−ハヤチネウスユキソウ

ハヤチネウスユキソウ ハヤチネウスユキソウは,標高1400m以上の蛇紋岩帯の岩礫地ややや乾燥した草地に生えます。岩手県の早池峰山の高山帯のみに生育する固有種です。日本産のウスユキソウの仲間では最も大型で,ヨーロッパアルプスのエーデルワイスにいちばん似ていると言われています。前回よりいい画像が撮れました。

早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)
2009.07.28 Tuesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花028−イブキジャコウソウ

イブキジャコウソウ イブキジャコウソウは,低山〜高山の岩場や乾いた草地に群生する矮性低木です。多年草としているサイトもありますが,山渓の「高山に咲く植物」に合わせました。
 名前は,伊吹山で見つけられたことと,ハッカに似たにおいのすることから付けられたようです。

早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)
2009.07.25 Saturday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花027−サマニヨモギ2

サマニヨモギ 前回登ったときにはつぼみばかりだったサマニヨモギが,今回は花を開いていました。と言っても,あまり変わりません。周辺部の花が開いているのが分かるでしょうか。

早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影) 
2009.07.23 Thursday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花026−アオノツガザクラ

アオノツガザクラ アオノツガザクラは,本州の中部以北・北海道の高山に分布する常緑小低木です。早池峰山では,頂上近くに少しだけ咲いているところがありました。

 月山のアオノツガザクラ

早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)
2009.07.21 Tuesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花025−タカネナナカマド

タカネナナカマド タカネナナカマドは,亜高山〜高山の林縁などに生える落葉小低木です。葉は羽状複葉で,小葉は,9〜13枚あり,長楕円形で先は尖り,表面に光沢,縁に細かい鋸歯があります。花序はやや下を向き,5枚花弁の白い花が多数集まってつきます。

 ウラジロナナカマドの花

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)

2009.07.19 Sunday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花024−ウラジロナナカマド

ウラジロナナカマド ウラジロナナカマドは,亜高山〜高山の林縁や沢沿いなどに生える落葉小低木です。葉は羽状複葉で,小葉は,9〜13枚あり,長楕円形で裏面は白っぽく,縁の中ほどより先に細かい鋸歯があります。花序は直立し,5枚花弁の白い花が多数集まってつきます。

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)
2009.07.16 Thursday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花023−カトウハコベ

カトウハコベ カトウハコベは,東北や北海道の高山礫地に生えるナデシコ科の多年草です。自生地は蛇紋岩地帯とその周辺に限られ,夕張岳,早池峰山,至仏山などに特産します。卵状披針形で先が鋭くとがる葉と花弁が特徴です。高さは10cmぐらいで,足元にあっても花が咲いていないとなかなか気づきません。
 早池峰山では,よく似たホソバツメクサの花の方が多く見られました。

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)

2009.07.15 Wednesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花022−オオダイコンソウ

オオダイコンソウ オオダイコンソウは,草地や林縁など比較的日当たりのよいところに生えます。ダイコンソウに比べて大型の花を付け,実が楕円形です。大根はアブラナ科なのですが,ダイコンソウはバラ科になります。小田越登山口周辺に咲いていました。

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2009/7/12撮影)
2009.07.13 Monday * comments(3) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花021−ギンリョウソウ

ギンリョウソウ ギンリョウソウは,日本全土に分布し,森林の林床に生える腐生植物です。葉緑素を持たないので,ベニタケ属の菌類と共生して栄養を得ているようです。4〜8月ごろに地下から花茎を伸ばして花を付けます。葉緑素が無いので,花,茎,葉の全部が透けた白色です。雨の後によく見るような印象があります。早池峰山の登山口近くで見た株はとても大きく立派でした。

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2007/7/8撮影)
2007.07.25 Wednesday * comments(4) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

早池峰山の花020−ウコンウツギ

ウコンウツギ ウコンウツギは,亜高山から高山の林内や草地に生える落葉低木です。よく分枝して横に広がることが多いようです。花冠は淡黄色で,先が浅く5つに裂けます。最初,下の裂片内側の濃い黄色の斑点があり,時間が経つと赤く変化していきます。色が変化するのは,花粉を媒介するマルハナバチが咲き始めの蜜の多い未受粉の花と蜜の少ない受粉した花を見分けらえるようにするためだという研究報告があります。

 早池峰山に登ったときに見た花の特集です。(2007/7/8撮影)
2007.07.24 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ
このページの先頭へ