<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

たまに虫コブ028−ナラメイガフシ

ナラメイガフシ ナラメイガフシは、ナライガタマバチがコナラなどに産卵し、幼虫が寄生することで出来る虫こぶです。夏の頃は青く、冬が近づくにつれ褐色化してくるようですので、後で確認に行きたいと思っています。
 寄主のナライガタマバチは、1年交代で単性世代と両性世代になるとされていて、単性世代がコナラなどの芽に両性世代の卵を産み、両性世代の卵から育った両性世代がコナラなどの葉に単性世代の卵を産むらしい。

 たまに虫コブ013−ナラメリンゴフシ

 今日の実や種181−ミズナラ
2011.09.13 Tuesday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ027−ハンノキハイボフシ

ハンノキハイボフシ ハンノキハイボフシは、フシダニの1種によって、ハンノキの葉にできる虫こぶです。この木には、たくさんのハンノキハムシがいたのですが、虫こぶのできてる葉にはいませんでした。フシダニとハンノキハムシは休戦協定を結んでいるのでしょうか。
2011.06.06 Monday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ026−ヤマブドウハトックリフシ

ヤマブドウハトックリフシ ヤマブドウハトックリフシは,ブドウトックリタマバエによって葉表や葉裏,巻ひげなどにつくられる虫こぶです。高さ7mm前後で,先の尖った形をしてます。初めは緑色ですが,日光を受けると日のよく当たる部分が赤色に変化します。中には,黄色い幼虫がいるそうですが,取れない位置だったので確認できませんでした。

似た形の虫こぶ
 たまに虫コブ024−エノキハトガリタマフシ
続きを読む >>
2010.08.29 Sunday * comments(2) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ025−キブシハコブケフシ

キブシハコブケフシ キブシハコブケフシは,フシダニの仲間によって,キブシの葉に作られる虫こぶです。葉表のふくらみはつやつやしていて,葉の上に乗った水玉のようにも見えます。葉裏を見ると,虫こぶの裏側は,凹んで白い柔毛が密生しています。
 名前は,キブシ−ハ−コブ−ケ−フシ(木五倍子−葉−こぶ−毛−附子)です。
2010.06.07 Monday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ024−エノキハトガリタマフシ

エノキハトガリタマフシ エノキトガリタマフシは,エノキハトガリタマバエがエノキの葉の表や裏,若い枝に作る虫こぶです。虫こぶは,たいてい作られる場所が葉の表や裏など決まっているのですが,この虫こぶはあまり選ばないようです。
 もうしばらくすると,付いていた場所から脱落して休眠し,来年の春,エノキが芽をふくらませるころに成虫が出てきます。
2010.05.29 Saturday * comments(5) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ023−イヌシデメフクレフシ

イヌシデメフクレフシ イヌシデメフクレフシは,ソロメフクレダニというダニの一種によって引き起こされた虫こぶです。名前のとおり,イヌシデにでき,表面に長い毛が付いているのも特徴です。
 5月には虫は出て行ってしまうらしいのですが,そのまま伸びずに枝先に付いています。
2010.05.10 Monday * comments(5) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ022−シラヤマギクハナフクレフシ

シラヤマギクハナフクレフシ シラヤマギクハナフクレフシは,シラヤマギクの花のできる虫こぶです。主に筒状花が太くなり,全体として丸くなります。表面は淡緑色でやや光沢があり,実のようにも見えます。基本的には小花単位に産卵され,複数の筒状花などが癒着して1個の虫えいが形成されるそうです。
 虫こぶを作るのは,シラヤマギクハナタマバエだそうです。
2009.09.22 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ021−ノブドウミフクレフシ

ノブドウミフクレフシ ノブドウミフクレフシは,ノブドウミタマバエによって実に形成される虫えいで、正常な果実より大きくなり直径8〜16mmになります。最初は緑色ですが,後で正常な果実と同様に,黄白色や薄紅色,淡い青紫色になります。
 このノブドウミタマバエは,冬の間はタニウツギに寄生して,夏にはノブドウに寄生するという季節で寄生する植物を変える習性があるそうです。真ん中,小さめの実には幼虫が羽化して脱出したように見える殻がありますね。
2009.09.01 Tuesday * comments(0) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ020−ヤマノイモツルフクレフシ

ヤマノイモツルフクレフシ 近くの公園を歩いていると,妙にふくれてねじれたつるが見えました。まだムカゴが付いていたので,ヤマノイモのつるです。ヤマノイモウロコタマバエがつくった,ヤマノイモツルフクレフシのようです。折ってみるとオレンジ色のとても小さな虫が見えたのでこのまま越冬し,春に羽化するのでしょう。
 タマバエの幼虫は2个發覆ったので,この虫こぶは巨大なアパート(マンション)なのでしょうね。
2009.01.05 Monday * comments(4) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ

たまに虫コブ019−ヤナギエダマルズイフシ

ヤナギエダマルズイフシ シダレヤナギの枝が丸くふくらんでいました。ヤナギエダマルズイフシのようです。虫こぶを作っているのは,ヤナギマルタマバエで,このまま越冬し,来春に出てきます。
2008.12.25 Thursday * comments(3) * trackbacks(0) * にほんブログ村 写真ブログへ
このページの先頭へ